日本一干満の差が大きい(6M)広大な有明海の干潟を利用した、干潟の上で行う運動会がガタリンピック・ゲームです。

昭和59年、佐賀県の総合計画が発表され、私たちの愛するふるさと『鹿島』には‘新幹線も高速道も通らない’事が明らかになりました。 時の青年会議所理事長 桑原允彦(現鹿島市長)は、市内の若者達に呼びかけ、むらおこしグループ『フォーラム鹿島』を結成しました。 そして昭和60年5月3日、第一回鹿島ガタリンピックが開催されました。

今まで、誰もが見向きもしなかった干潟を「負」の財産から、地域の貴重な財産へと活用しました(逆転の発想)。 そして、この干潟は日本でも珍しく、また、『鹿島』という地域の個性を表すことができたのです。

 The Gatalympics are a series of competitions that take place on (and in!) the mudflats of the Ariake Sea. This region has a tidal range of six meters - the greatest in Japan.

When the prefecture plan for Saga was published in 1984, we learnt that our lovely hometown of Kashima was never going to have Highway or Shinkansen train connections.
Mr. Masahiko Kuwahara, now mayor of Kashima, was president of the junior chamber.
He created a committee called "Forum Kashima" to improve our city's cultural calendar.
As a result, the 1st Kashima Gatalympic event was held on May 3rd, 1985.

As the Gatalympics became famous, the mudflats that had been neglected before were improved in condition and status. Under a new perspective, the mudflats became an important and valued symbol for the growth of the city as a whole. It was therefore natural for the mudflats to be central to the event for which Kashima is recognized nationwide.



当初、干潟で運動会をやろうと言う事から『干潟の大運動会』というネーミングが会議で決定していましたが、 懇親会の席でこのネーミングではインパクトがないという意見が出て、『潟オリンピック』となりました。
ところが、酒が進むにつれて口が廻らなくなったメンバーの一人が思わず『潟リンピック』と口走りました。 その一言が、天下の「電通」マンが絶賛したネーミング『ガタリンピック』誕生の瞬間であったのです。
The proposed title for this event translates as "The big athletic meet on the mudflats."
Though accurate, it was also a little dry. A second title was proposed: "The Gata-olympic big athletic meet on the mudflats". Finally, whilst heavily under the influence of alcohol, somebody could only utter as much as "Gatalympic" and from thenceforth, that
name has stuck like mud.



第1回〜第5回 第6回〜第10回 第11回〜第15回
第16回〜第20回 第21回〜第25回  
 

フォーラム鹿島・ガタリンピック実行委員会
copyright (c) 2007-2009 Kashima Gatalympic all rights reserved.