●重要!撮影禁止エリアのお知らせ(08/05/27更新)
  近年、競技エリアへ侵入しての撮影や、潟落としのシャワー付近での写真やビデオの撮影される
  一般の方が増えています。
  競技エリアへ侵入して撮影したり、シャワー付近に三脚などを立てて陣取られますと、
  選手の通行や競技進行の妨げにつながります。
  また競技参加者からシャワーを浴びているところでの撮影に不快を感じ、撮影して欲しくないとの要望も多く、
  シャワー付近を撮影禁止区域(下図斜線部分)としています。

  シャワー付近での撮影(望遠レンズ等でのシャワー付近の撮影も含む)は硬くお断りいたします。

  また、一般の方の競技エリア内での撮影も競技進行の妨げ・他の観覧者への迷惑となりますので
  硬くお断りします。

     観覧席下段(観覧席の広くなっている部分より下)での三脚等の使用はお控え下さい。
 
  ※干潟体験エリアは、ガタリンピックの管理エリアではありませんが、通常より撮影規制がされており、
   原則撮影禁止となっています。



  撮影マナーをしっかりと守っていただくようお願いします。


  万一、注意しても指示に従っていただけない場合は、盗撮とみなし警察へ通報することがあります。
  (当日、警備の警察の方と打合せを行う予定です。)


  マスコミ・報道関係及びガタリンピック記録公式カメラマンの方は事前に登録をし、
  それと分かるような服装・腕章・ゼッケンなどを着用してください。

  参加者同士で撮影を希望される方は、お近くのスタッフに一言声をかけてください。

 
 撮影禁止エリアは上図赤斜線部分です。(干潟体験エリアは原則撮影禁止です。)


 ●留学生ホームステイのホストファミリー・ホストグループを募集しています!!!
  鹿島ガタリンピックでは恒例となってきた留学生とのホームステイ交流。
  第25回鹿島ガタリンピックでも、留学生との交流の機会を企画しています。
  ご家族や友達グループ、三夜待で留学生ホームステイのホストファミリーになってみませんか?

  ホームステイは、6月6日の夕方から6月7日のガタリンピック当日までの1泊2日です。
  ホストファミリーの条件としては、6日の夕方に留学生を迎えに来て、
  6月7日の朝にガタリンピック会場まで昼食を持たせ送り届けていただけることです。
  (当日も留学生とガタリンピックを楽しんでいただければ幸いです。)

  留学生は地元大学の学生で、主にアジアからの留学生です。
  言葉はゆっくり話せば日本語でも大丈夫な学生も多く、言葉の心配はそれ程ありません。
  また、宗教などで食事等の制約がある学生もいますが、事前に実行委員会でアンケートをとり、
  ホストファミリーにお知らせしています。
  分からないこと、困ったことがあればスタッフがすぐに対応いたします。

  日常では海外からの留学生と交流することがほとんどないと思います。
  この機会に国際交流を始めてみませんか?


  お問合せ・募集申込はガタリンピック実行委員会・国際交流担当まで
  TEL/ 0954-63-3312  FAX/ 0954-63-3382
  mail/ gatalym@vip.saganet.ne.jp


 ●第25回鹿島ガタリンピックのボランティアスタッフを募集しています!!!
  鹿島ガタリンピックは多くのボランティアスタッフの力で支えられています。
  大きくは、開催までの様々な準備を行っていく運営スタッフとして、実行委員会に参加するスタッフと、
  開催当日の会場で様々な役割をしていただくボランティアスタッフがあります。

  実行委員会での運営スタッフは、開催に向けての広報活動、競技などの企画、
  資金調達などの渉外活動などの仕事があります。
  準備は大変な仕事ではありますが、ともに準備を進める中でいろいろな人と知り合え、
  仲間になれるというメリットがあります。
  また、潟清掃やリハーサルに参加することで競技に参加する以上に潟まみれになることもできます。

  当日の会場スタッフは、会場の設営、清掃、撤去、駐車場誘導や競技の受付、
  進行の補助、選手誘導、ガタ足袋洗いなど様々な仕事があります。
  当日ボランティアスタッフには地元中学生も毎年参加してくれています。

  ガタリンピックの運営に興味のある方、学生さん、退職されて時間の余裕ができた方など
  スタッフとしてガタリンピックに参加してみませんか?


  お問合せ・募集申込はガタリンピック実行委員会・ボランティア担当まで
  TEL/ 0954-63-3312  FAX/ 0954-63-3382
  mail/ gatalym@vip.saganet.ne.jp

フォーラム鹿島・ガタリンピック実行委員会
copyright (c) 2007-2009 Kashima Gatalympic all rights reserved.