「共に」               白石組 正徳寺 浦霧 慶哉

 以前にテレホン法話で、土日のお参りの時に、亡くなられた69才の御主人のお姉さんから聞いた病院での御兄弟の会話をご紹介させて頂きました。
「ごいっさん。私はもうだめだと不安がる弟に、難しいこと、詳しい事は何も言えなかったけど、お寺のご法座で聞いたそのまんまを伝えました。大丈夫。お寺で、これまでも今から先も阿弥陀様がいっしょにおって下さる。

わたし達の命は、わたしの命はお浄土に生まれ、仏様とならせて頂くと聞いた。だから何も心配せんでよか。と伝えました。

聞いた弟は、ベッドの上で手をあわせ南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏とお念仏してくれました。それを見て聞いて嬉しく思いました。」との病室でお念仏のみ教えを御兄弟で喜ばれたお話しを御紹介しました。

後日、今度はこの御兄弟の妹さんから同じお話しを、またこの話の続きを聞かせて頂きました。

「兄は合掌した後に『お前達は御教を聞くことができて、聞くご縁があってよかったなあ。』と言ってくれました。兄がそうほめてくれるのが嬉しかった。自分がお念仏のみ教えに会えたことをあらためて喜べたし、兄もお念仏のみ教えを喜んでいるのが伝わりました。」と話をしてくださいました。


 親鸞聖人は「遇いがたくしていま遇うことを得たり、聞きがたくしてすでに聞くことを得たり」とみ教えに遇った慶びをおしめしであります。
 ここのお慶びを、共々に喜ぶことのできたご縁でありました。共々に届いておるこれまでのお育てを慶べたご縁でありました。

|戻る|