「往還の二廻向」         神埼組大立寺    平尾學道
 あらたに定められた浄土真宗の教章、私の歩む道の教義に、阿弥陀如来の本願力によって信心をめぐまれ、念仏申す人生を歩み、この世の縁が尽きるとき浄土に生まれて仏となり、迷いの世に還って人々を教化する。とあります。

 七高僧の中国、曇鸞大師さまを、親鸞聖人は、しんじんのうたの中に、曇鸞大師徳たかく、梁のの天子ににあがめらる、三蔵流史にみちびかれ、仙経すてて弥陀に帰す。天親の論釈しては、浄土にうまるる因も果も、往くも還るも他力ぞと、ただ信心をすすめけり。とあらわされ往相、還相を説かれました。

阿弥陀如来のご本願は、他力による回向という意味で、すべての生けるものが救われる働き力用を本願流木といい、これを名号、南無阿弥陀仏におさめ、私におめぐみ下され、往生成仏させて頂くのです。

 一念多念証文には、回向は本願の名号をもって十方衆生にあたえたまえる御のりなり。と釈されています。

 阿弥陀如来の本願力回向には、往相廻向、還相廻向と示され、往相廻向とは、迷いの苦界に生きる私が浄土に往生成仏することで、還相廻向とは、浄土に往生しさとりを頂き、迷いの苦界、世界に還り来てあらゆる人々を救う悲用をいうのです。

 正像末和讃に、南無阿弥陀部仏の回向の、思徳広大不思議にて、往相廻向の利益には、還相廻向に回入せり。

と賛嘆されています、

 このおめぐみが名号であり、喚び声であります。すなおにこの名号を聴聞し、信じて喜ぶことが信心です。今度の後生一大事、一念発起正定聚、信心決定の身となって、往生浄土成仏の大道をご恩報謝、強く明るく生かされていきましょう。

 お聴聞第一です。

|戻る|