「大きな問いの解決」   白石組 正徳寺 浦霧慶哉

 死んだらどうなるのでしょうか?
死んだらおしまいなのでしょうか?
わたしの命はどこにむかっているのでしょうか?

 誰もが思う問いであり、また解決せねばならない問いであります。
今ここで解決されなければならない問いであって、いつか解決されればいいという悠長な問いではありません。

 礼讃文には、
「人身受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今はすでに聞く。
この身今生に向かってと度せずんば、さらにいずれの生に向かってかこの身を度せん」とあります。


「この命をもって、この生涯を悟りの世界のお浄土に生まれなければ、また迷いのいのちをくりかえす。仏の教えが聞ける人に生まれ、いま迷いのいのちから離れることの出来る仏の教えを聞かせて頂いた」というのが礼讃文の意味です。

 浄土真宗の御本尊である阿弥陀如来の願いは、生きとし生けるものを浄土に迎えとり、迷いのいのちを仏のいのちとするという願いです。

仏さまの願いとはたらきが、今私がとなえた南無阿弥陀仏のお念仏です。

阿弥陀様の願いとはたらきが私にとどいて、口にお念仏となってあらわれます。今、阿弥陀如来の願いとはたらきにあうことで、この私の迷いのいのちが、死んだらおしまいのいのちではなく仏となる尊いいのちとなります。

いまここに救われたいのちとなります。

最初の問いの解決がここにあります。

お念仏申しましょう。


 |戻る