白石組 正徳寺 浦霧 慶哉

 

 先日、子供に玩具(おもちゃ)を頂きました。どういう玩具かといいますと、人形が、こちらが話した内容そのままを話します。

 私が「こんにちはというと、人形が「こんにちは」

 私が「今日は暖かいねというと、人形が今日は暖かいねと。

物まねというより、私の声がそのまま人形の声となって私に聞こえて参ります。

私の声が、人形の声となって聞こえてくる。子供の玩具ですが、私も楽しんでおりました。

遊んでいるうちに、ふと原ロ針水(しんすい)師のうたが頭に浮かんできました

われとなえ われ聞くなれど 南無阿弥陀
 つれてゆくぞの 親のよび声

 私の称名念仏が、そのまま阿弥陀様のはたらいているすがたであるとうたわれました。

 親鬻聖人は、南無阿弥陀仏のお念仏を「本顋招喚の勅命」としめされ「必ずあなたを救うとよびかけられるすがた、必ずあなたを救う私がここにいるという名のりであるとお伝え下さいます。

 私のお念仏の声が、阿弥陀様のここにおるぞの名のりであり、必ず救うぞの呼び声であります。私の声でありながら、阿弥陀様の声でありました。

 独りであゆみ、苦しみ、悩みの多い娑婆ではありますが、この度の我が人生、お念仏に出会えた尊い人生であります。「ひとりじやないぞと呼びかけられ、「もう迷いの世界に落とさんぞと支えられる人生であります。

さあ、今日も一日、 お念仏に支えられ元気に参りましょう!!

                                   

 

|戻る