「報恩講に思う」   松浦組 源光寺 波多唯明

 

 一月十六日は浄土真宗の宗祖親鸞聖人のご命日です。多くのお寺で親鸞聖人のご法事である御正忌報恩講が勤まります。

旧暦では十一月二十八日がご命日に当たります。私の住む伊万里では、御正忌報恩講とは別に、この旧暦のご命日を中心にし、秋から冬にかけて報恩講が勤まります。それをおとりこし報恩講といいます。

ご門徒の家に地域の方々が集まって、ご一緒に親鸞聖人のご法事を勤めるのです。

キリスト教徒にとってのクリスマスや、イスラームにとってのラマダンのように、浄土真宗門徒にとって、報恩講というのは特に大切な行事です。

親鸞聖人がそのご生涯をかけて聞いて行かれた阿弥陀如来のお心を、親鸞聖人のご命日を縁として、私たちも聞かせていただくのです。

 世の中には沢山の仏様がいらっしゃいますが、その中でも全てのいのちを救いとって捨てないと誓われたのが阿弥陀如来です。そして救われるための条件を一切なくされたのです。

 男でもいい、女でもいい。健康でもいい、病気でもいい。お金持ちでもいい、貧しくてもいい。若くてもいい、老いていてもいい。私たちの在りようを問われないのです。

 救って下さいとお願いするのではなく、条件のない救い、阿弥陀如来の心が今すでに私に届けられていることを聞かせてもらうのです。

 浄土真宗の救いは死後に届けられるのではありません。阿弥陀如来の心が届けられている、只この今がすでに救いの中なのです。

それはすなわち私のいのちがそのまま受けとめられ、私の居場所はここであったと、安心して生きていくことのできる世界に目覚めていくということでしょう。

    戻る