三根組長泉寺前住 三玉洪人

 

 只今は、テレホン法話にダイアルくださり感謝申し上げます。

今年は特に寒くマイナス7度という寒波にあい、小中高と休校になる程でございました。

 其の数日後、七歳の孫娘が、「アレッ、今年も梅の花が咲いたよ…。」と大きな声で叫びました。

そこで、「誓(せい)ちゃん、今年の花に遇えてよかったね。」と声をかけると、「去年も見たよ」「そうね、去年も見たね…でも今年の花とはちがうんだよ…。」と言うと、不思議そうでした。

 去年の花散って、梅の実となり、青い葉が出て、葉も散り、今年の花が咲き…という様にみんな移り変わるものなんだよと話していると、「う〜ん」と、わかったか、わからないか小さくうなづきました。

 じいちゃんもばあちゃんもお父さんもお母さんも誓(せい)ちゃんも妙(たえ)ちゃんも梅の花のようにみんな一緒に咲いているんだよ。でもね、ずーっと長い間一緒にいることはできないんだよ。

 花が散り、枯れてゆく様に、今生きている家族のだれもが病気で、事故で、老人となり、別れる時が必ず来るんだよ。でもね、今一緒に生活していることを喜んでみんな仲良く生きていこうね…。

そういう生き方をアミダ様は見ていてくださっているんだよ!!うれしいね、ありがとうと、お礼を言うのが「なんまんだぶつ」なんだよ〜と話している所に、下の孫の妙ちゃんが五郎丸の真似をして、足もける様子をし、ひっくり返り、家族みんな大笑いしました。

 そんな茶の間での一時でした。子、孫、じいちゃん、ばあちゃん、父、母と家族中一緒に暮らす事の有り難さをしみじみ味わう一時でした。では又、ご機嫌よう。

 

  戻る