神埼組 大立寺 平尾 法道

 

 都会では「直葬」(お通夜・お葬式をしないこと)が流行っているそうです。
私たちの先輩はなぜお葬式やご法事を丁寧に勤めてこられたのでしょうか?

 私たちは人が亡くなった日のことを、後々何と呼びますか? 命日といいます。
どんな漢字をかきますか?
「いのちのひ」と書きます。
しかし、なぜ亡くなった日のことを「いのちのひ」というのでしょうか。
それは「いのち」について考える日だからです。私たちは身近な大切な人を亡くしたとき、いやおうなしに「いのち」の儚さ尊さかけがえのなさを知らされます。
普段生きていることが当たり前と思っている私に、身近な大切な方々が、自らの「いのち」をかけて、「いのち」の儚さ・尊さ・かけがえのなさを教えてくださったのです。そのような日だからこそ、私たちは命日と呼ぶのであります。

 また、お葬式・ご法事のお経に、耳を傾けておりますと、いろんなことを思い
したり考えたりしませんか?
「早う終わらんかな。いつまであげんさっとやろうか。お昼のお斎はどこにいきんさっとやろうか。」そんなことばかり考えていますか?
違いますね。「あんなこと、こんなことがあったなぁ。」「もっといろいろ話したかった!」「いろいろお世話になったのに、何ひとつ恩返しすることができなかった。申し訳なかったな。」と・・・。
そのような思いの中で、初七日・二七日・三七日と、亡き人とのご縁をしのぶ中で、日々自己中心的な生活を送っている、私に尊い仏縁を残してくださった。
いや、こんな私だからこそどうぞ仏縁に遇ってくださいとお葬式・ご法事を残してくださった。と聞かせていただくのが浄土真宗のお葬式・ご法事の受け止め方であります。

 先日、フリーアナウンサーの小林麻央さんが亡くなられました。
その数日後、姉の麻耶さんのブログにこんなことが書かれてありました。

「もっと一緒にいたかった もっと一緒に話したかった
もっと一緒に笑い合いたかった もっと一緒に もっと一緒に
いろんな思い出作りたかった 一緒に生きていたかった
これまで妹が教えてくれた 当たり前などなにひとつない

 日常 いのちの輝き尊さ 愛に生きるという ひとつひとつを胸に
妹がいないという現実とともに 生きていきたいと思います」
「おはよう」と起きてくれば、「おはよう」と言ってくれる人がいる。
「いってきます」と言えば「いってらっしゃい」と背中を押してくださる人がいる。
「ただいま」と帰れば「おかえり」と迎えてくれる人がいる。そんな当たり前の日常が本当は尊い有難い(ある事が難しい)ことであったということに妹さんの死を通して麻耶さんは気づかれたのです。

 仏縁に遇うということは、亡き人のこころに出遭い仏さまの願いに出遇うということです。それは、本当の自分に出遭っていくということなのかもしれません。

 

 

 

29年   11月「無始無終の命」  松浦組 善楽寺 熾 請雄

29年   10月「お念仏で繋がるきょうだい」  田代組 正行寺 大石 憲親

29年    9月「行先の定まった人生を」  南水組 専念寺 小杭 正親

29年    8月「お盆について」  神埼組 円楽寺 多門 龍成

29年    7月お念仏の響き」  藤津西組 証誠寺 橋本 教宣

29年    6月 「寄り添って下さる阿弥陀様」  北山組 延覚寺 藤野 真也

29年    5月 「50回忌はお祝いなの?」  藤津西組 正教寺 熊谷 正之

29年    4月      武雄組 徳音寺 徳重 清隆

29年    3月 ○○さんが、ワリー言いよったが昨日ミテタと。   白石組 西光寺 西 昭文

29年    2月 「親の温もり」       北山組 光照寺 右近隆城

29年    1月        神埼組 瑞亀山 西慶寺

28年 12月        藤津西組 賢楽寺衆徒 伊東一樹

28年 11月        三根組 徳音寺 松信弘生

28年 10月        多良組 正恩寺 合浦唯信

28年    9月  『ひかりのほとけ』   白石組 正徳寺 浦霧長生

28年    8月  『単身赴任』   神埼組 安養寺住職 定良芳信

28年    7月       藤山正道

28年    6月 「疑いのない心」       馬場一實

28年    5月      巨瀬組 覺正寺住職 松崎未紀子

28年    4月      三根組 長泉寺前住 三玉洪人

27年 10月 「私と心の合」   田代組 専念寺 久保山 眞澄

27年  9月 「自分の心に気づいてみましょう」   田代組 専念寺 久保山 眞澄

27年  8月 「ここに」     藤津西組 賢楽寺 伊東 一樹

27年  7月       三根組 徳音寺 松信 弘生

27年  6月       白石組 正徳寺 浦霧 慶哉

27年  5月 「友だち何人できるかな?」 白石組 西光寺 西 昭文

27年  4月                佐賀組 正蓮寺 藤木 徳仁

27年  3月 「修善も雑毒なるゆえに」 南水組 明圓寺 西谷 浩暢

27年  2月 「おんちゃさん」 藤津西組 安徳寺 森脇 一弘

27年  1月       田代組 善覚寺 正木 ヘ真

平成26年

26年 12月 「ご信心」 神埼組 大立寺 平尾 法道

26年 11月 お休み

26年 10月 「お念仏の生活」 三根組 西法寺 楠 法泉

26年  9月 「揺るぎないお慈悲」 藤津西組 専立寺 佐藤 ヘ生

26年  8月                光厳寺 吉良泰文

26年  7月            多良組 正恩寺 合浦 唯信

26年  6月 「大きな問いの解決」 白石組 正徳寺 浦霧 慶哉

26年  5月            三根組 聞法寺 平尾 晴久

26年  4月 「摂取不捨」 神埼組 円楽寺 多門 龍昭

26年  3月 「御正忌に思うこと」 巨瀬組 浄泉寺 水町 芳信

26年  2月            巨瀬組 寶月寺 郷原 桴ニ

26年  1月            白石組 超光寺 藤永 弘真

平成25年

25年 12月            武雄組 徳圓寺 徳重 清隆

25年 11月 「時間(とき)をいただく」 藤津西賢楽寺衆徒 伊東 一樹

25年 10月 「共に広い海へ」   南水組 衆徒 藤山 正道

25年  9月            神埼組 円樂寺 多門 龍成

25年  8月            北山組 円光寺住職 安田 積心

25年  7月  「いのちを輝かせるもの」 北山組 光照寺 右近 ヘ城

25年  6月  「死んだらお終い?」 藤津西組 正教寺 熊谷 正之

25年  5月             白石組 西光寺 西 昭文

25年  4月             佐賀組 正教寺 錦織 信貴

25年  3月             佐賀組 正蓮寺住職 藤木 徳仁

25年  2月             多良組 正恩寺 合浦 唯信

25年  1月  「光明と名号のいわれ」  神埼組 円楽寺住職 多門 龍昭

平成24年

24年 12月             北山組 蓮福寺 菅原 信隆

24年 11月             松浦組 厳教寺 神崎 智導

24年 10月             巨瀬組 寶月寺 郷原 徳照

24年  9月             神埼組 西慶寺 亀山 法城

24年  8月             田代組 善覚寺 正木 隆真

24年  7月             松浦組 光雲寺 藤谷 孝之

24年  6月             藤津西組 賢楽寺住職 伊東 恒乗

24年  5月  「お慈悲はやさしい」   三根組 徳常寺住職 塚本 慈顕

24年  4月             巨瀬組 常立寺 太宰 了之

24年  3月             松浦組 賢海寺 西 曉浩

24年  2月             松浦組 源光寺 波多 眞照

24年  1月             三根組 聞法寺 平尾 晴久

平成23年

23年 12月             松浦組 厳教寺 神普@智導

23年 11月             巨瀬組 浄泉寺 水町 芳信

23年 10月   「いのちのつながり」松浦組 源光寺 波多 唯明

23年 9月   「わたしも そのなか」白石組 正徳寺 浦霧 慶哉

23年 8月    佐賀組 照光寺住職 田中 理

23年 7月   「”そのまま”とは”このまま”?」  藤津西組 正教寺 熊谷 正之

23年  6月   「ご縁のままに」  巨瀬組 浄泉寺 水町 芳信

23年  5月         神埼組 大立寺 平尾 法道

23年  4月   「生きる喜び」    神埼組 安養寺住職 定良 芳信

23年  3月         藤津西組 證誠寺若院 橋本 孝生

23年  2月         松浦組 源光寺住職 波多 眞照

23年  1月         松浦組 光雲寺住職 藤谷 孝之

平成22年

22年 12月    田代組 遍照寺 毛利 瑞慶

22年 11月    巨瀬組 寶月寺 郷原 徳照

22年 10月    松浦組 厳教寺 神崎 智導

22年 9月 「貯金箱」  神埼組 安養寺 定良 芳信

22年 8月 「田植え歌によせて」  神埼組 圓楽寺 多門 龍昭

22年 7月 「ごおんうれしや なもあみだぶつ」  白石組 正徳寺 浦霧 慶哉

22年 6月 「白蓮華」  三根組 長泉寺住職 三玉 洪人

22年 5月 「救いは今、ここに」  藤津西組 證誠寺 橋本 教宣

22年 4月 「オリンピック選手に思う」  牛津組 光楽寺 蒲生 晄隆

22年 3月 「願われて」  北山組 光照寺 右近 隆城

22年 2月 「悪人正機」  巨瀬組 浄泉寺 水町 芳信

22年  1月 「仏さまをどういただきますか」  北山組 最勝寺 田中 道昭

平成21年

21年12月 「お差し支えなし、ご注文なし」  藤津西組 安徳寺 森脇 一弘

21年11月           満水組 専念寺 小杭 正見

21年10月「お念仏を楽しむ」  藤津西組 正教寺住職 熊谷 正之

21年9月「苦しみ」ごと背負ってくださる仏さま  藤津西組 證誠寺 橋本 孝生

21年8月「お参りすっぎん 良かことのあろーか?」 白石組 西光寺 西 昭文

21年7月「私の歩む道」 三根組 徳音寺 松信 弘生

21年6月「豊に生きる」 神埼組 西慶寺 亀山 法城

21年5月「春の光の中で」 藤津西組 証誠寺 橋本 教宣

21年4月「お経と経済」 牛津組 光楽寺 蒲生 晄隆

21年3月「命はつながっている」 松浦組 光雲寺 藤谷 孝之

21年2月「変わらないもの」 神崎組 安養寺住職 定良 芳信

21年1月「獄窓にそそぐ み光さやか」 佐賀組 照光寺住職 田中 理

平成20年

20年12月「またお浄土で」三根組 長泉寺住職 三玉 洪人

20年11月「煩悩具足の私」佐賀組 浄照寺住職 光岡 理学

20年10月「往還の二回向」神埼組 大立寺住職 平尾 學道

20年9月「おかげさま」多久組 善福寺住職 納塚 不退

20年8月「時間(とき)ぐすり」佐賀組 明圓寺前住職 西谷 智章

20年7月「本物ですか?」神埼組 西慶寺住職 亀山 法城

20年6月「人間ってなんだろう?」北山組 光照寺 右近 隆城

20年5月「お慈悲にもれるものなし」三根組 徳常寺住職 塚本 慈顕

20年4月「共に」  白石組 正徳寺 浦霧 慶哉

20年3月「いろいろなご縁を通じて味わうこと」  松浦組 賢海寺住職 西 暁浩

20年2月「生と死の矛盾」  北山組蓮福寺住職 菅原 信隆

20年1月「十方衆生のこころ」  北山組 延覚寺 藤野 真也

平成19年

19年12月「幸せ」 藤津西組 證誠寺 橋本 教宣師

19年11月「もろもろの庶類の為に・・」 南水組 教楽寺 藤谷 隆之師

19年10月「肝心なことは目に見えない」 白石組 正行寺 太田 心海師

19年9月「甲子園に想う」 佐賀組 正連寺 藤木 徳仁師

19年8月「迷いを離れる」 三根組 聞法寺 平尾 晴久師

19年7月「入院して教えられたこと」 巨瀬組 正見寺 傍見 暢昭師

19年5月「金魚すくいとは違うで」 白石組 西光寺 西 昭文師
19年4月「唯信とは」 武雄組 信行寺 楠村信英師
19年3月「触光柔軟の願い」 巨瀬組 常立寺 太宰了之師
19年2月「親子をすくいたもう仏様あり」 牛津組 圓心寺 城島隆幸師
19年1月「わが一人子」 藤津西組 賢楽寺 伊東恒乗師

平成18年
18年12月「同朋研修会の質問から」 北山組 円光寺 安田積心師
18年11月「地図」 佐賀組 正蓮寺 藤木徳仁師
18年10月「命の尊さ」 武雄組 興隆寺 千綿民也師
18年9月「朝夕のお勤め」 牛津組 円心寺 城島隆幸師
18年8月「本当の生きがい」 多久組 善福寺 納塚不退師
18年7月「一緒だから」 三根組 長泉寺 三玉洪人師
18年6月「沈まない安心の船」 牛津組 光樂寺 蒲生晄隆師
18年5月「我が子のごとく」三根組 徳音寺 松信弘生師
18年4月「共に」 白石組 正徳寺 浦霧慶哉師
18年3月「老少不定」 松浦組 源光寺 波多眞照師
18年2月「機法一体の南無阿弥陀仏」 神埼組 円樂寺 多門龍昭師
18年1月「春は枝頭に在ってすでに十分」 三根組 徳常寺 塚本慈顕師

平成17年
17年12月「私の戦後60年」 佐賀組 善定寺 木山星生師
17年11月「声のほとけ」 田代組 善覚寺 正木隆真師
17年9月「もらい泣きをした日」 北山組 延覚寺 藤野真也師
17年8月「お盆を迎えて」 佐賀組 正蓮寺 藤木徳仁師
17年7月「我執(がしゅう) 神埼組 西慶寺 亀山法城師
17年6月「共に遇えるいのち」 牛津組 光楽寺 蒲生晄隆師
17年5月「忘れぬ親さま」 南水組 教楽寺 藤谷隆之師
17年4月「対話から」 南水組 正立寺 日渓哲朗師
17年3月「如来さまの前に」 三根組 妙覚寺 菅原暢道師
17年2月「喚び声に育てられて」 北山組 円光寺 安田積心師
17年1月「いのちのめざめ 自然に学びお念仏に習う」 松浦組 尊光寺 荒木月秋師

平成16年
16年12月「今ここで」 白石組 正徳寺 浦霧慶哉師
16年11月「お立ち姿の阿弥陀様」 神埼組 光蔵寺 永渕晃親師
16年10月「救急の心」 白石組 超光寺 藤永弘真師
16年9月「いだかれて」 松浦組 厳教寺 神葡q導師
16年8月「生かされて生きる」 白石組 正行寺 太田心海師
16年7月「生活の中心」 神埼組 大立寺 平尾學道師
16年6月「合掌の世界」 牛津組 円心寺 城島隆幸師
16年5月「闇を破する恵日」 三根組 聞法寺 平尾晴久師
16年4月「悩みを越える道」 牛津組 光楽寺 蒲生晄隆師
16年3月「親の喚び声」 武雄組 信行寺 楠村信英師
16年2月「光のうちに住める身の」藤津西組 賢楽寺 伊東恒乗師
16年1月「救いのみ手の中に」 藤津西組 証誠寺 橋本教宣師

平成15年
15年12月「親のおはたらき」 田代組 専念寺 久保山真澄師
15年11月「色々有って有り難い」 北山組 光照寺 右近隆城師
15年10月「もったいないという心」 武雄組 常念寺 郡敬邦師
15年9月「ショーカエロー」 白石組 西光寺 西昭文
15年8月「私にかけてくださる願い」 川副組 浄安寺 立花正文師
15年7月「酔わしめるもの」 北山組 蓮福寺 菅原信隆師
15年6月「おかげさま」 松浦組 尊光寺 荒木月秋師
15年5月「はなまつり」 佐賀組 正蓮寺 藤木徳仁師
15年4月「私の行方」 三根組 徳音寺 松信弘生師
15年3月「大きなおはたらき」 神埼組 大立寺 平尾法道師
15年2月「親様ということ」 佐賀組 正教寺 錦織信貴師
15年1月「倶会一処」 三根組 長泉寺 三玉洪人師