一般社団法人佐賀県身体障害者団体連合会

TOPページ

新着情報

2019年
new5/28更新 第64回日本身体障害者福祉大会「あきた大会」に参加!!
new5/22更新 『佐賀県身体障害者相談員連絡協議会』を更新
new5/12更新 第39回身体障害者ゲートボール大会を開催!!
new4/12更新 『行事予定』を更新
new1/30更新 『県身連』第63号を発行
new1/30更新 平成30年度 第18回佐賀県障がい者文化芸術作品展


  第9回 障害者の主張大会を開催!!

第9回障害者の主張大会

 佐賀県障害者社会参加推進協議会では、障害者及びその家族が、日常生活の中で考えていることを広く県民の方々に伝えることにより、障害者に対する正しい理解を深め、障害がある人もない人もこれからの障害者福祉のあり方について共に考えることを目的に障害者の主張大会を開催しています。
 9回目の開催となる今回は平成30年12月2日(日)、昨年と同様神埼市中央公民館で開催しました。今年度は、佐賀県身体障害者団体連合会、佐賀県聴覚障害者協会、日本オストミー協会佐賀支部、佐賀ライトハウスの4団体から4名の方が自身の障害と向き合いながらどのようなことを体験してきたかを分かりやすく、熱く発表されました。また、川久保健康福祉部長から各発表者に感想をいただきました。
 当日は、あわせて県の「心の輪を広げる体験作文・障害者週間ポスターの表彰式」が行われ、受賞者の方々による作文朗読も行われました。


  九州福祉大会に参加!!

H30九州福祉大会

 平成30年11月15日(木)〜11月16日(金)の二日間にわたり「第49回九州身体障害者福祉大会」・「第26回九州ブロック身体障害者相談員研修会」が福岡市百道のヒルトン福岡シーホークで開催されました。本県は、14の市郡身体障害者福祉協会から44名が参加しました。
 一日目の研究部会は、三部会に分かれパネルディスカッション形式で行われ、第一研究部会では、佐賀市身障協会の池田敏憲さんがパネラーとして発表されることから、本県の多くの参加者が第一部会に集まりました。
 部会では、テーマである「災害時に備えた組織強化と果たす役割」について熱心に議論が交わされ、有意義な時間を過ごすことができました。
 池田さん、佐賀県代表としての役割ご苦労様でした。
 二日目の福祉大会では、大会宣言、大会決議など多くの議事が承認されました。
 来年度は、いよいよ佐賀県でこの大会を開催しなければなりませんが、大会成功のためには、会員の皆様のご協力が欠かせません。どうぞよろしくお願いいたします。


  第33回九州身体障害者ゲートボール大会開催!!

第33回九州身体障害者ゲートボール大会

 平成30年10月12日(金)、杵島郡江北町全天候スポーツ広場にて、九州身体障害者ゲートボール大会(佐賀大会)を開催しました。
 今年度は、10年ぶりに佐賀県での開催となり、開催準備にかなりの時間と労力を費やしましたが、何とか無事に開催することができました。
 今回の大会には、九州・沖縄から24チーム152名の選手が参加し、白熱した試合が繰り広げられました。来賓には、山口佐賀県知事、石倉佐賀県議会議長、山田江北町長にお出でいただき、ご祝辞をいただいきました。
 大会開催にあたっては、佐賀県ゲートボール協会の方々をはじめ、江北町職員の方々、杵島郡身体障害者団体連合会の皆さんにはご協力いただき、本当にありがとうございました。

 試合結果は次のとおりです。
 〇チャンピオン戦
  優 勝 国東安岐チーム(大分県)
  準優勝 川棚町福祉会チーム(長崎県)
  3 位 西之表Aチーム(鹿児島県)
  3 位 種子島 中種子チーム(鹿児島県)

 〇親善試合
  優 勝 小城市チーム(佐賀県)
  準優勝 武雄市チーム(佐賀県)
  3 位 都城チーム(宮崎県)
  3 位 三重町身障福祉会チーム(大分県)

 当県からは、チャンピオン戦には、入れませんでしたが、親善試合(各コートの2位の6チームが出場)では、小城市、武雄市が入賞しました。


  第9回作業所合同スポーツ大会

 平成30年度の作業所合同スポーツ大会は、台風25号の影響により、参加者の安全を考慮し、残念ながら中止としました。


  第19回佐賀県身体障害者グラウンド・ゴルフ大会を開催!!

第19回佐賀県身体障害者グラウンド・ゴルフ大会

 平成30年9月2日(日)、小城市の牛津総合公園において第19回身体障害者グラウンド・ゴルフ大会を開催しました。
 大会には22チームが参加、当日は、日差しが強く、暑い中での開催となりましたが、体調を崩された方もなく皆さん元気よく試合をされました。

 試合結果は以下のとおりです。
  優 勝 杵島郡白石町チーム
  準優勝 嬉野市塩田町チーム
  3 位 佐賀市諸富町Aチーム

 個人ハイスコア賞は白石町チームの吉浦良政さんが獲得されました。また、上位3チームは11月2日(金)に沖縄県で開催された九州身体障害者グラウンド・ゴルフ大会に出場されました。
 なお、来年度の九州身体障害者グラウンド・ゴルフ大会は、佐賀県が開催当番となっており、10月24日、25日に嬉野総合運動公園で開催する予定です。


  第66回佐賀県身体障害者福祉大会

第66回佐賀県身体障害者福祉大会1

第66回佐賀県身体障害者福祉大会2

 平成30年7月22日(日)、杵島郡白石町の「有明スカイパークふれあい郷」において、「第66回佐賀県身体障害者福祉大会」を開催しました。
 当日は、県内各地の身体障害者福祉協会の会員約400名が参加しました。
 また、来賓には、山口県知事を始め衆参国会議員や地元白石町長・議長、同志連盟推薦の県議会議員、保健福祉事務所長等の福祉行政の方々など多くの来賓の方々においでいただきました。
 表彰では、永年に亘り団体育成に功労のあった方々等19名の会長表彰を行いました。
  また、大会では、障害者差別解消法を推進し、安心して暮らせる豊かな共生社会を目指そうとの大会宣言や県・市郡身障協会の組織強化、身障相談員の活用を求める2項目の大会決議が採択されました。
  開催に当たりご尽力を頂いた多くの関係者の皆様方に深く感謝申し上げます。

赤い羽根この福祉大会は、赤い羽根共同募金の配分金を受けて開催しました。


  佐賀県身体障害者相談員研修会を開催!!

佐賀県身体障害者相談員研修会

 佐賀県身体障害者相談員連絡協議会では、県内各市町の身体障害者相談員が、障害者を取り巻く制度や施策の変化を捉え、その内容を理解し、地域に密着した活動を進めるため、地域で生活している障害者を支援できるよう相談対応能力の向上を目的とした研修会を県内にて二カ所に分けて開催しています。
 今年度は7月6日(金)に県西部地区として多久市社会福祉会館で開催し、7月13日(金)に県西部地区として佐賀市の県障害者福祉会館にて開催、合計87名の相談員が参加されました。
 研修会では、県障害福祉課より障害者福祉サービスについての説明と、障害者差別解消法について講義をしていただき、わかりやすく学ばせていただきました。また、県から併せてヘルプマークの取り組みの説明もありました。ありがとうございました。

↑ページTOP