iモード用                                                                          砂 ①仏教は、砂漠を通って、伝わりました。②お釈迦さまは、ガンジス河の砂の中で、ほんの一握りしか、人間に生まれられず、その人間のひとつまみだけしか、仏法には、会えないと、説かれました。ようこそ、ようこそ、 なもあみだぶつ なもあみだぶつ なもあみだぶつ

何で 何で ナモ なの      

IC
これが基本
蓄積された智慧
見て・聞いて毎週更新

日本語で読む

 体験者は語る

思い出すのは

ここが宝庫だ
IC
知らなかった
IC
関係者の部屋

ここが本山
(ご門主法話集
IC  IC            
何でナモなの(内容一覧)  真宗入門 
                                                                                                                              
       コンピュータが分かるあなたは 仏教が分かる 

アイコン




私も一言(伝言板)

 saganet
 

メールマガジン始めました


納骨堂案内   後継者のない方

妙念寺(みょうねんじ)   i モード画面へ リンク

 佐賀市愛敬町6-19   法話電話0952-24-1800

スマホ用ページ


次回 真宗の常識 勉強会は 
10月14日(金) 午後 1時半~
          
聞書き「葉隠」巻きの五に掲載の寺院
                                            
砂漠の中から、発見した宝物。なもあみだぶつ なもあみだぶつ なもあみだぶつ

          

 主な内容

浄土三部経表紙 歎異抄現代語版① 歎異抄現代語版② ご文章現代語版①

 ご文章現代語版② 蓮如上人聞書①  蓮如上人聞書② 蓮如上人聞書③ 

 蓮如上人聞書④  蓮如上人聞書⑤ 浄土真宗の教え 浄土真宗の教え② 

 聖人の生涯と教団  聖人の生涯②     作法と行事   釈尊とその教え   

 大経・現代語版① 大経・現代語版② 大経・現代語版③ 大経・現代語版④ 

 観経・現代語版① 観経・現代語版②  小経・現代語版  電話サービス原稿 

 妙念寺関係者用  見て聞いてとは  今に生きる智慧  生きがい探しのページ 

 葉隠と妙念寺  新真宗入門   釈尊は何を説かれたか あなたは いままで

 壮年会一泊研修   葉隠・隠された智慧、

一人の女性・小倉局の影響
納骨のことでお悩みの方へ 私も一言(伝言板)

 (報恩感謝) (四季移動) (電話一覧) (生きがい探し) 

電話法話原稿一覧  ( 平 成 9 年 分 ) 217. 218. 219. 220. 221. 222. 223. 224. 225. 226
.
227. 228. 229. 230. 231. 232. 233. 234. 235. 236. 237. 238. 239. 240. 241. 242. 243.
244. 245. 246. 247. 248. 249. 250. 251. 252. 253. 254. 255. 256. 257. ( 平 成 10年 分 )
258. 259. 260. 261. 262. 263. 264. 265. 266. 267. 268. 269. 270. 271. 272. 273. 274. 275
276. 277. 278. 279. 280. 281 .282. 283. 284. 285. 286. 287.288. 289. 290 291. 292. 293.
294. 295.. 296.297.( 平成 11年分 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346
347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361
( 平成 12年 ) 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371  372 373 374
 
375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390
 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 405 406 407 

408 409 410 411 412 413 414  ( 平成 13年分 )415 416417418 419 420
421 422 423 424 425 426 427  428 429 430 431 432 433 434 435 436 
437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452
453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466
 平成 14年分 )
467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482
483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498
499 500 
501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 
516 517 518 
平成 15年分 ) 519 520 521522 523 524 525 526 527 
528 529 530 531 532 533 534 535 536 537  538 539 540 
541 
542 543
 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 
554 555 556 557 558 559 560
 561 562 563 564 565 566
567 568 569 570 
(平成16年分)571 572 573  574 575 576  
577 
578 579  580  581 582 583 584 585  586  587 588  589
590 591 592 593 594 595 596 597 598 599  600 
(平成17年)
(平成18年) (平成19年)(平成20年)  (平成21年)(平成22年以降)



願いに応える人生 (前門さま法話集)より

み教えに聞く 真実のよごこび 聞くということ 生きるということ
み光に照らされて  力強く生き抜く道  「家の宗教」に思う 
真実との出会いー報恩講に寄せて    お念仏を申すこと 
人間の願い    生きることの意味    真実の依りどころ 
自らの身を正す   お慈悲に抱かれて  願いに応える人生
謙虚で美しいこころ 救われるということ 宗名「浄土真宗」に思う
人生の尊さを知る  問いをもって聞く   み光のはたらき
喜び合える信の世界
       



iモード対応
浄土和讃一覧① (1)弥陀の名号 (2)誓願不思議を (3)弥陀成仏の (4)智慧の光明
(5)解脱の光輪 (6)光雲無碍 (7)清浄光明  (8)仏光照曜  (16) 弥陀初会の
(17) 安楽無量の (35) 七宝講堂 (36) 妙土広大  (37)自利利他  (41)清風宝樹を
(42) 一々のはなの (47) 十方三世の (48) 弥陀の浄土に (49) 信心歓喜(50) 仏慧功徳を
浄土和讃一覧② 「大経」の意
(51) 尊者阿難 (52) 如来の光瑞 (53) 大寂定に(54) 妙来興世の(55) 弥陀成仏の
(58)至心・信楽 (59)真実信心 (60)弥陀の大悲 (61)至心・発願 (62)臨終現前の
(63)諸善万行  (64)至心・回向(65)果遂の願に (66)定散自力の(68)如来の興世に
(69)善知識に  (70)一代諸教の(71)念仏成仏 (72)聖道権仮の
浄土和讃一覧③ 「観経」の意
(73)恩徳広大 (74)頻婆娑羅王 (75)阿闍世王は (76)耆婆・月光 (77)耆婆大臣
(78)弥陀・釈迦 (79)大聖おのおの (80)釈迦韋提 (81)定散諸機
「弥陀経」の意
(82)十方微塵 (83)恒沙塵数の (84)十方恒沙の (85)諸仏の護念 (86)五濁悪時
浄土和讃一覧④ 諸経のこころによりて弥陀和讃
(87)無明の大夜を (88)久遠実成(89)百千倶胝の (90)大聖易往と (91)無上上は
現世利益和讃
(96)阿弥陀如来 (97)山家の伝教大師は(98)一切の功徳に(99)南無阿弥陀仏を
(100)南無阿弥陀仏をとなふれば
『首楞厳経』によりて大勢至菩薩和讃したてまつる
(111)勢至念仏 (112)教主世尊に (113)十二の如来 (114)超日月光(115)子の母を
(116)染香人のその身には (117)われもと因地にありしとき (118)念仏のひとを
白川 晴顕師著 「浄土和讃を読む」より


iモード これが基本①              
 見て聞いて 日本語で読む 体験者は語る 思い出すのは
 ここが宝庫        知らなかった 佐賀の寺院 関係者の部屋
 ご門主の法話 み教えに聞く①           
      み教えに聞く 真実の喜び 聞くということ生きるということ
み光に照らされて力強く生き抜く道「家の宗教」に思う真実との出会いー
お念仏を申すこと 人間の願い 生きることの意味 真実の依りどころ
自らの身を正す お慈悲に抱かれて願いに応える人生謙虚で美しいこころ
救われるというこ 宗名「浄土真宗に思う人生の尊さを知る問いをもって聞く
み光のはたらき喜び合える信の世界

iモード表紙             妙念寺         

      bubun          sandann      saito   hyou    ocn   bun    ka

やさしい  言葉で

スマートフォン版

i

スマートフォン版